• 最近の記事

  • 2017年五月祭(10)「近未来体験 2017」準備状況のご紹介

    一昨年から始まった学生有志の企画枠では、昨年のAR企画を受けて、今年はVR(バーチャル・リアリティ)企画をやることになりました。

    ここ数年、一般消費者でも手に入れやすいVRデバイスが数多く登場しています。誰でも手軽に体験できる段ボール製のデバイスから、PCで駆動するハイエンドデバイス、そしてもちろん視覚にとどまらない聴覚や触覚などのディスプレイ…。それらはエンターテインメントにとどまらない、「次世代のプラットフォーム」とも言われています。

    本企画では、現在のVRシーンを彩る3種類のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を用意し、それぞれのデバイスに対してオリジナルコンテンツを開発してします。

    様々なステージを駆け巡ってミッションをクリアする体験、不思議な洞窟で写真を撮る体験、音や光とインタラクションする体験……と、ゲーム・ノンゲームも様々です。

    メンバー全員、VR開発は初めてですが、快適な体験をお届けできるように頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

    (電子情報工学科4年 畑田裕二)

    コメントはまだありません »
    Leave a comment

    コメント投稿後は、管理者の承認まで少しお待ち下さい。また、コメント内容によっては掲載を行わない場合もあります。