• 最近の記事

  • 第82回同窓会総会・講演会・パネル/懇親会が開催されました

    第82回同窓会総会では、原島博理事長の挨拶は100歳を迎えた元職員戸恒さんの紹介とハッピーエージングの話。古関庶務幹事の司会で2017年度事業の報告・決算の承認、2018年度の事業計画/予算/役員の承認が行われました。そして恒例となった、学部4年生による今年の活動報告とご協力の御礼。最後に学部3年生からは、五月祭人気企画優勝奪還を目指す意気込みと、同窓会のご支援/ご協力のお願いがありました。

    なお、「電気系同窓会に名前を付けよう」については、事前投票も含む票決の結果、新たな名前は付けないことに決定しました。票決の状況は、こちらを参照のこと。

    15:30からは講演会「ブロックチェーンの長い歴史と最新動向」が開かれました。講演者の松浦幹太氏はブロックチェーンの技術的な家系図と研究開発の現状、宮前剛氏はブロックチェーンのスケーラビリティ技術、渡辺太郎氏はBitcoinを取り巻くコミュニティ現状と技術課題を、それぞれ紹介しました。

    ◇松浦幹太氏(東大)
    「ブロックチェーンの技術的な家系図と研究開発の現状」<資料PDF:2.3MB>
    ◇宮前剛氏(富士通研)
    「ブロックチェーンのスケーラビリティ技術」<資料PDF:1.3MB>
    ◇渡辺太郎氏(DG Lab)
    「ブロックチェーンの技術的動向とパブリックチェーンへの展望」<資料PDF:4.7MB>

    会場を電気系会議室に移し17:15より、大久保研究科長/霜垣先生から博士支援システムの寄付の話。続いて、パネル討論と懇親会が開かれました。なお、懇親会冒頭には今年3月末で退職された荒川泰彦先生の挨拶がありました。

    コメントはまだありません »
    Leave a comment

    コメント投稿後は、管理者の承認まで少しお待ち下さい。また、コメント内容によっては掲載を行わない場合もあります。