• 最近の記事

  • アフォリズム:

    リヒテンベルクのアフォリズム/熊田亜紀子

    沿面放電は、気中放電に比べて進展しやすいため、絶縁上はそれを防ぐことが最大の課題となる。この沿面放電の計測と解析を学生時代より研究課題としてきた。沿面放電の研究の歴史は古く、1777年のゲッティンゲン大学教授のG.C.リ・・・・つづき

    1