• 最近の記事

  • 『』の検索結果

    速報:五月祭電気系「近未来体験2013」を見学して

    五月祭初日は天候に恵まれて本郷キャンパスには多くの来場者が詰めかけました。屋台の呼び込み、安田講堂前の賑かなバンド演奏を離れ、一歩2号館に入るとそこは外界とは別世界の学術的な雰囲気です。2階フォラームの入り口で「近未来体・・・・つづき

    60年会/クラス1953旧(昭28旧)

    旧制・最後のクラスが卒業60年となり、岡村先生をお迎えして、4月19日、東京タワーを見下ろす浜松町東京会館で、昼食会を催しました。 出席者(20名): 泉 常夫、大崎 博三、串橋 啓三、齋藤 嘉博、笹倉 潤、住谷 寛、清・・・・つづき

    薪と灰 -禅におけるTPOの話/鳥越寿二(クラス1959)

    ・嘆くとも 無常といふは絶え間なく あらゆるものが新たまること ・身と心万象森羅みなほとけ 和を貴びて生きたく思う ◇仏教は身近な道理や深遠な教えを、誰もが納得できるような事柄から説き明かしており、歳を重ねるにつれてその・・・・つづき

    2013年五月祭に向けて(3)-開催間近、PV完成-

    今年の五月祭<5/18(土)、19(日)>がいよいよ近づきました。今回、学科の知名度向上を目指すPV(プロモーションビデオ)を製作してそれをYouTubeにアップました。このPVは駒場からの進学振り分けに活用するだけでな・・・・つづき

    2013年五月祭に向けて(2)-準備状況-

    五月祭ハンフ表紙急遽掲載させて頂きます、学部4年の中村鮎葉です。皆様の日頃のご支援、ありがとうございます。今年も皆様のご支援により、展示を行うことが出来ます。年々注目度が上がっており、五月祭委員会との関係も密になり、他の学科・学部も我々に触発されて気合いを入れたところ・・・・つづき

    卒業にあたって/峠仁人:クラス2013評議員

    電気系に進学してから、はや二年半が経ちました。振り返ってみると、エンジニアとして随分成長できたように思います。 たしかに電気系のカリキュラムをこなすのは非常に大変でしたが、ふりそそいでくる授業、課題、実験、試験をこなして・・・・つづき

    大学院修了式、学科卒業式

    3月25日(月)に大学院修了式が行われ、工学系研究科電気工学専攻博士課程26名、修士課程95名、情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程8名、修士課程42名、が修了いたしました。また、3月26日(火)には卒業式が行われ、・・・・つづき

    クラス1949(昭24Ⅱ)

    渡辺亮君が1月27日に他界された。昨年秋頃から不調を訴え、入院御加療中であった。渡辺君は、一貫して東芝の中枢にあって活躍され、100年の歴史を誇る名門「芝浦製作所」の社長を、一時勤められた。我々のクラス会の企画、開催、演・・・・つづき

    小林久志氏C&C賞を受賞

    電気工学科1961年卒(同修士1963年卒)で、現在プリンストン大学シャーマン・フェアチャイルド名誉教授、かつFriends of Todai, Inc (東大友の会) 理事長の小林久志氏が2012年C&C賞を受・・・・つづき

    2013年五月祭(1)本年もOB/OG皆様のご支援を/電気系五月祭企画委員

    電気系OB/OG の皆様 春陽の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。 この度は、次回の電気系の五月祭展示に関して、皆様のご支援・ご協力を仰ぎたく、最近の状況をご報告いたします。 五月祭電気系展示・・・・つづき

    三号館の近況

    三号館の工事(写真の右奥が三号館)が進んでいます。外形を垣間見ると、やはり五角形になっているようです。この旧三号館の形については、セピア色の三号館に掲載されている「5角形の工学部3号館」をご参照下さい。

    柴田直教授 最終講義と懇親パーティーのご案内

    東京大学工学系研究科 電気系工学専攻長 廣瀬 明 柴田・三田研究室 最終講義準備委員会 柴田直先生最終講義: シリコン・デバイスの限りない可能性を求めて -脳の神秘をVLSIチップ上に実現する- 東京大学において長きにわ・・・・つづき

    < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 >