• 最近の記事

  • 不惑会/クラス1965(昭40)

    昭和40年学部卒の同窓会「不惑会」は毎年1回有志が集まり、懇親会とイベントを行っています。平成28年12月5日に、昼食・懇親会の後、NHK放送技術研究所を訪問しました。我々の後輩にあたる竹内真也氏、中戸川剛氏の案内のもと、技研の最新の放送技術の開発状況を見学させていただきました。

    まず、300名くらいの講堂で最前列に座り、300インチのスクリーンに方投影型の8K映像と、22.2チャンネルの上下、左右の立体音響のデモを30分ほど鑑賞しました。内容は紅白歌合戦、リオオリンピック、花火でしたが、8K映像の表現力と、音響の素晴らしさに皆感心しました。そのあと、東大のOBの方々によって、

    1. インターネットとテレビを組み合わせたハイブリッドキャスト
    2. 天気予報の手話CG自動翻訳
    3. 眼鏡を使わないで見ることができるインテグラル立体テレビ

    のテーマについて説明をしていただきました。いずれも大変興味あるもので、皆さん大いに関心を持ちいろいろ質問させてもらいました。

    ともすれば最新の技術状況に少し疎くなりつつある我々にとって知的な刺激を受ける訪問でした、参加者は16名でした。(塚本修巳 記)

    コメントはまだありません »
    Leave a comment

    コメント投稿後は、管理者の承認まで少しお待ち下さい。また、コメント内容によっては掲載を行わない場合もあります。