• 最近の記事

  • 20年会(近況報告を兼ねて)/クラス1991(平3)

    1991年学部卒の20周年会が、2011年10月29日(土)に本郷の工学部2号館にて開催されました。当日は先生10名、卒業生30名の計40名が出席し、盛況な会となりました。

    恩師の先生方の中から、秋山先生、桂井先生、菅野先生、多田先生より、近況報告を交えながらのお言葉をいただきました。先生方の個性あふれるご挨拶をお聞きしながら、20年前に、教壇よりご指導いただいた当時のことを懐かしく思い出しました。

    また、同窓生を代表して、各方面で活躍中の渡辺君、堂前君、東覚君に近況報告をしてもらいました。

    カナダのアルバータ大学で教鞭をとる渡辺君は、カナダよりスカイプを利用して会場に遠隔参加し、カナダでの大自然に囲まれた生活ぶりを、数多くの写真を使って紹介してくれました。学生時代から変わらぬ、渡辺君の天然系ユーモアに会場が和みました。

    日本発のグローバルカンパニー、ファーストリテイリングの経営幹部として活躍中の堂前君には、世界中のユニクロの店舗写真を使い、ビジネスの最前線での活躍ぶりを報告してもらいました。電気電子で学んだことが、どのようにして経営者としての活躍に生かされているのかという説明が、とても印象的でした。

    JAXAにて、きぼうのフライトディレクターの重責を担う東覚君は、テレビ出演の映像を交えながら、宇宙事業での活躍ぶりをプレゼンテーションしてくれました。東覚君のテレビ出演映像から話が広がり、立命館大学で教鞭をとる、小西君が「世界一受けたい授業」に出演した際のテレビ出演映像も飛び入りで披露され、会場は大いに盛り上がりました。

    最後に、20周年の開催にあたっては、渥美君、天野君、池田朋広君、池田誠君、加藤君、小島君、坂井君、田井君、高堂君、高村君、永田君、名古屋君、西澤君、宝珠山君(50音順)には、同窓会幹事として、会の企画および進行に約半年の長きにわたり、ご尽力いただきました。同期一同を代表して、改めて御礼申し上げます。

    次は25周年会(2016年)にて、大いに盛り上がりましょう!(三浦 記)

    コメントはまだありません »
    Leave a comment

    コメント投稿後は、管理者の承認まで少しお待ち下さい。また、コメント内容によっては掲載を行わない場合もあります。