• 最近の記事

  • クラス1946(昭21年一工)

     昭和21年一工卒業生は42名であったが、現在は24名となった。日本の男性としては成績のよい方であろう。
     昨年まではクラス会を春秋2回開いていたが、今年から春一回ということになった。幹事の平岡君のおかげで三菱グループの迎賓館「開東閣」という後期高齢者達の会としては、大変上等な会場だった。小川、尾関、小島、鈴木、重光、中村、西川、平岡、山中、渡邊、大山の11名が出席、ご夫人も4名参加された。話題は年相応に健康問題(ご夫人の問題も含め)が多かった。一方世界や日本の諸問題、趣味の話、第二の人生が牧師さんの重光君の大乗仏教へのキリスト教の影響の話、山中君が東大弓道場に通っている話など多くのよい話を聞くことが出来た。
     上等なフランス料理とワインやバラ園など庭園も楽しんだ2時間半であった。(大山記)

    コメントはまだありません »
    Leave a comment

    コメント投稿後は、管理者の承認まで少しお待ち下さい。また、コメント内容によっては掲載を行わない場合もあります。